DTMを挫折しそうな人へ

DTMを始めてから、1曲作るまでに挫折してしまう人が多い気がします。
その原因は恐らく、次の一言に尽きるでしょう。

それはいきなり作曲をしようとしているからです。

何言ってんだ?という人もいるでしょう。
そのためにDTMをやろうとしているのですから。

ですが、よく考えてみてください。
作曲とは料理で例えれば、創作料理を作ること、オリジナルレシピを開発することです。
いきなり包丁も握ったことがない人が作り出せるモノなのでしょうか?

さらに言うと作曲には高度な音楽理論や演奏技術、耳コピには絶対音感などが必要ですし、
DTM用のソフトであるDAWは、元々プロのスタジオエンジニアが使う道具です。

これらの習得は並大抵の努力では出来ません。
仮に音楽経験の豊富な人でも、DAWに必要なIT系のスキルが高いとは限りませんし、
IT系のスキルが高い人が、音楽経験が豊富にあるとは限らないのです。

現在、DTMを趣味に出来た人は、この二つの能力を併せ持つ才人か、
やる気と根気をすべてDTMに注ぎ込む覚悟を持った人のどちらかだと思います。
それだけ入門者にとって、高いハードルを持った趣味だと言えます。

ではどうすれば、一般の方にでもDTMを趣味とすることが出来るのでしょうか?
答えは非常に簡単です。

(経験者による)作曲の手順をひたすらマネするのです。

これは創造性もへったくれもない作業なのですが、
DTMの入門者を初心者にするために最も有効なやりかたです。
料理でいえば、基本となるレシピを徹底的にマスターすることです。

では具体的に何をすればいいのか?
これは経験者による作曲プロジェクトを見て、自身の環境でそれを再現すること、
つまりDAWのインストールから、1曲出来るまでのプロセスを丸パクリするのです。

残念ながら、制作環境の構築から作品の完成に至るまでの詳細手順を公開しているケースは
非常に少ないのが現状です。ですがDTMマガジンやYouTubeなどで公開している場合があります。
こういうのは貴重な機会ですので、逃さないようにしましょう。

Cubaseの操作だけですが、こちらのような動画が参考になると思います。

もし借り物でも1曲、2曲作れるようになったら、アレンジを行うことをお勧めします。
アレンジとはメロディーやコード進行など楽曲の骨組みを残したまま、作曲を行うことです。
一般的にはコード進行が書かれた楽譜、バンドスコアを参照されるといいでしょう。

ここでは楽器やリズムなどの工夫によって、より自分らしい表現を獲得することになります。
ここまでくれば初心者は既に卒業でしょう。後は音楽理論をマスターするのもよし、
音源やエフェクターにこだわってみるものよし、自分だけの世界を創ってみましょう!

そして数々の作曲手法を身に着け、自分にとっても納得のいく作品が出来た暁には
後輩のためにも是非、自身が作りあげた曲が出来るまでの過程を公開されてほしいと思います。
それが新たな才能を生み出していく苗床になるでしょう!

作者:inkouboy

  • 最終更新:2014-05-02 20:04:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード